返済について

返済を忘れていた場合の対応

返済は忘れないようにする

十分に気を付けていなければならいないことですが、返済し忘れ
ていた場合は、すぐに対処しなければいけません。

 

最近は、消費者金融なども返済日前に確認のメールを送ってくれ
たりといったサービスがあります。

 

私が利用しているプロミスでも、ポイント会員の登録をすると
メールのお知らせサービスを利用できます。

 

お陰でうっかりミスは防げていますが、仕事が忙しいなどの条件が
続くとつい忘れがちになってしまうので注意しなければなりません。

 

特に遅刻グセがある人や、人との約束ごとにルーズな人などは、
このうっかり忘れをする傾向が強いようです。

 

私の元友人にも「守ろうと思っていたのだから、時間に遅れても
仕方がない」などと開き直っていた人間がいましたが、やはり
全く信用されていませんでした。

 

そのようにならないように、必ず返済日を忘れないように手帳や
スマホなどのリマインダー機能に登録しておくなど対策をとって
おきましょう。

 

もしキャッシングの延滞してしまった場合は、業者からの連絡を
待たずにすぐに自分から連絡をすることです。

 

そうしておけば多少は、悪い印象を抑えることもできます。
ただ何度も繰り返すようだと、要注意人物の扱いになってしまい
信用情報に傷がつきます。

 

さすがに1週間も遅れていれば、確実に連絡が入りますから、
早めに対処しておきましょう。

 

特にあなたが1回めの延滞の場合は、すぐに連絡が入る傾向が
あります。

 

クレジット会社も初めて延滞をする人には、敏感に反応するの
です。常習化しないように手をうっておく意味もありますね。

 

とにかく延滞を甘く考えないほうがいいです。

 

1日、2日位でうるさくいうな、というのは利用者の勝手な理屈
で、常習者と見なされると利用限度額の減額など、実際に不利益
を被ることになります。

 

一度減額されれば、なかなかもとに戻ることはないので最初から
延滞をしないようにしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ